木戸泉 Afruge No.1、No2、No3|木戸泉酒造

木戸泉 Afruge No.1、No2、No3
名称
木戸泉 Afruge No.1(赤ワイン樽)、No2(白ワイン樽)、No3(シェリー樽)
醸造所
木戸泉酒造
産地
千葉
造り
純米/樽熟成/バレルエイジド
アルコール度数
日本酒度
酸度
アミノ酸度
使用米
精米歩合
65%(No3のシェリー樽のみ90%)
特徴
新しい日本酒のかたち。
熟成のもたらすスパイシーで複雑な香味が食欲をそそりなす。
ワイングラスでゆっくりとお楽しみください。

引用: 【楽天市場】日本 > 日本酒:青葉台しんかわ

一段仕込みアフスの特徴の一つ「酸味」を活かすべくアフス原酒を全く異なる3種類のオーク樽に貯蔵熟成しました。
樽由来の香味が原酒にさらなる複雑な香味を付与、それぞれが個性溢れるお酒へと進化しました。
多様化する日本の食文化に寄り添う1本でありたいという想いが込められています。
感想
木戸泉のAFS(アフス)を最近ビールや焼酎でも流行っている、樽熟成(バレルエイジド)して作成したお酒になります。
樽由来の香味でお酒がどう変わるのか楽しく美味しく飲めます。

全体的な印象としては、ほど良い酸味のある熟成系のお酒の風味となります。

No1(赤ワイン樽熟成)
熟成系のお酒の風味にほど良い酸味からこってりとした後味 赤ワインの方が樽のオーク風味感じる
木戸泉 Afruge No1(赤ワイン樽)

No2(白ワイン樽熟成)
白ワインの方は酸味がつよく感じます(赤ワインに比べオーク風味弱めで少し感じる程度)
木戸泉 Afruge No2(白ワイン樽)

No3(シェリー酒樽熟成)
精米歩合90%の事もあり紹興酒っぽさを感じます。(酸味強めの紹興酒)
木戸泉 Afruge No3(シェリー樽)