トリプルヘイジー(Triple Hazy)|ブリュードッグ(Brewdog)|スコットランド

トリプルヘイジー(Triple Hazy)|ブリュードッグ(Brewdog)|スコットランド
名称
トリプルヘイジー(Triple Hazy)
メーカー/販売元
ブリュードッグ(Brewdog)

創業:2007年
拠点:エロン(スコットランド)
ジェームズ・ワット、マーティン・ディッキーの2人と、1匹の犬によってフレザーバラ(スコットランド)で設立したブルワリーです。
BrewDogの使命は“俺たちと同じくらい、皆をクラフトビールの虜にすること” 創業以来、人々の既成概念を打ち破るビールを造り続けています。
現在では世界中にオフィシャルバーを展開し、生産量は毎年倍増という、イギリスの代表的なブルワリーに成長しました。

10年以上前の事ですがスラッシュゾーンでIPAにはまってしまい(それまではベルギービールメインでした。)、アメリカのガッツン系のIPA(今も大好きなビールの一つですが)ばかり飲んでいる頃にブリュードッグのパンクIPAを飲んで柑橘ジューシーさにビックリした記憶が有ります。 もっと色々な国のクラフトビールを飲んでみようと思うきっかけの一本になりました。
産地
スコットランド
スタイル
ニュー・イングランドスタイル・トリプルIPA
アルコール度数
9.5%
IBU
45
EBC(SRM)
特徴
トリプルヘイジー
ニューイングランド IPA

アルコール度数を『ダブルヘイジー』よりさらに高め、
モザイクホップのみを使用した、ニューイングランドIPA。

ピーチ、マンゴー、アプリコットの柔らかく熟した フルーツフレーバー、ジューシーな味わいで、IBU45の ホップの強い苦味が全体をきれいにまとめ上げます。

引用:

感想
トリプルヘイジー(Triple Hazy)|ブリュードッグ(Brewdog)|スコットランド
ジューシーでトロピカルやんわり甘み感じつつ柑橘皮の苦味がやってきて締めくくり。

飲み口はスッキリです。

ブリュードッグ(Brewdog)のトリプルヘイジー(Triple Hazy)に限った事ではありませんが、 ホップのフレーバーを意識して飲むと、飲むたびに温度だとか舌の味わい方とかでフレーバーが違ってかんじたりして、結局ジューシーでトロピカルとか のありがちなニュアンスになってしまいます。