タカアシガニも売ってる外房の魚屋さん|魚平|上総一ノ宮

外房(上総一ノ宮)にある魚平をご存知でしょうか?
かなり、大きな魚屋さんで、
数年ぶりに行ってみる事にしました。

当店は銚子・千倉の中間に位置する上総一ノ宮にございます。外房で水揚げされた新鮮な魚介類を取り扱う、売り場面積400坪の大型鮮魚専門店として、舌の肥えた地元のお客様をはじめ、周辺の旅館・ホテル・保養施設・飲食店等の各企業様からも信頼をいただいており、業務用食材の納入もしております。ご贈答に、おみやげに、満足の一品がここにあります。房総へお越しの際は、ぜひ魚平へ。豊かな海の香りは、素晴らしい旅の思いでを鮮やかに再現することでしょう。

引用:魚平 店舗紹介


店内は、ちょっとした水族館の体験コーナーのような感じで、
生け簀に、ヒラメや石鯛等の魚、さざえ、ハマグリ等の買類、伊勢エビ、タラバ、毛ガニ、タカアシカニ等の甲殻類等が取り扱われてます。


入ってすぐの所には、 貝や伊勢エビなどの生け簀があります。
店内|外房の魚屋さん|魚平|上総一ノ宮
伊勢エビ(魚平)
伊勢エビ|外房の魚屋|魚平|上総一ノ宮
サザエ(魚平)
サザエ|外房の魚屋|魚平|上総一ノ宮
入って左側に行くと、乾物や加工品のコーナーになります。
入って右側に行くと、鮮魚や貝が置いてあります。
カツオ(魚平)
カツオ|外房の魚屋|魚平|上総一宮
アジ(魚平)
アジ|外房の魚屋|魚平|上総一宮
イナダ(魚平)
イナダ|外房の魚屋|魚平|上総一宮
キンメダイ・カサゴ等(魚平)
キンメダイ・カサゴ等|外房の魚屋|魚平|上総一宮


店内、入って右奥の水槽にタカアシガニ等の蟹がいます。
タカアシガニ(魚平)
タカアシガニ|魚平|上総一ノ宮

毛蟹とタラバ(魚平)
毛蟹とタラバ|魚平|上総一ノ宮
新鮮な魚介類がたくさん置いてあり、今日のお酒が美味しく飲めそうで嬉しくなります。


タイラ貝とマグロ|魚平|上総一ノ宮
ただ、久しぶりに来たので、勝手を忘れてしまってます。
今回は、タイラ貝だけ選んで、5,000円分の刺し身盛にしてもらう事にしました。
取り敢えず、近くの店員さんに声をかけて、タイラ貝を取ってもらいます。
刺身以外も少し買ってレジに並び、タイラ貝を含めて5,000円分の刺身盛にしてくださいと注文しました。
すると番号札をわたされ、刺身盛ができるまでしばらく待ちます。

しばらくすると、新聞紙でくるまれた刺身盛が手渡されました。
どんな刺身盛かは帰って開けるまでの楽しみです。(魚平のサイトや店舗で基本的な刺身盛の構成は紹介されてます) 帰って新聞紙の包みを外すと
刺身盛|外房の魚屋|魚平|上総一宮
タイラ貝、キンメダイ、イサキ等の他に、 今回はタイラ貝しか選ばなかったのとあまり刺身盛に関して希望を言わなかったので、
刺身の盛り合わせに良くある、サーモン、マグロ、甘エビ、タコ、イカ等もはいってました。(子供はサーモンやマグロが好きでムッチャ美味しいと喜んで食べてましたが)
、 確かに、マグロやサーモンもどれも新鮮でとても、おいしいかったのですが、 せっかく買いに来たので、スーパーなどでは手に入れにくそうな タイラ貝以外に地場の魚(2千円以内)を選んだり、どこまで、対応してくれるかは分かりませんが、 マグロやサーモンは入れなくて良いので地場の魚ともう一品サザエ等の貝類でと頼んで刺身盛にしてもらった方が良かったのかなと思いました。


そんなわけで、個人的な、おすすめは 切り身の刺身や刺身盛等も勿論取り扱われていますが、
気になる魚介類を選んだ後、刺身にしてもらうか
、 選んだ魚介含めて、○○○○円で刺しみ盛にしてください。とするのが個人的にはおすすめです。


マコガレイ(一宮海鮮市場 魚平)
一宮海鮮市場 魚平|マコガレイ
マコガレイの刺身と日本酒(喜楽長 特別本醸造)
マコガレイの刺身と喜楽長 特別本醸造
オニカサゴとイサキ(一宮海鮮市場 魚平)
一宮海鮮市場 魚平|オニカサゴとイサキ
オニカサゴの刺身と日本酒(木戸泉の醍醐)
オニカサゴの刺身と木戸泉の醍醐
アイナメ(一宮海鮮市場 魚平)
一宮海鮮市場 魚平|アイナメ
アイナメの刺身と日本酒(純米吟醸生原酒山和)
アイナメの刺身と純米吟醸生原酒山和
アイナメと赤貝の刺身と日本酒(吟醸 東洋美人 山田錦)
アイナメと赤貝の刺身と吟醸 東洋美人 山田錦
ハタ(一宮海鮮市場 魚平)
一宮海鮮市場 魚平|ハタ
名称
一宮海鮮市場 魚平
種類
鮮魚
公式サイト
http://www.uohei.co.jp/
TEL
0436-43-2986
住所
千葉県長生郡一宮町東浪見5146-1
地図