湯燗とっくりで日本酒のお燗や冷や酒

湯燗とっくりで日本酒のお燗や冷や酒|とんぼ湯燗とっくり
燗酒飲んでいますか?

日本酒は、お酒の性質や温度帯によってさまざまな味わいが楽しめます。

また、個人の好みによっても感じ方は変わると思いますので、色々な温度帯でお酒を飲んで楽しめば良いと思います。

そして日本酒には温度によって下記のような呼び方があります。

雪冷え(ゆきびえ)
温度
5℃前後
特徴
華やかな香りが高く、フルーティーなタイプの酒は、 非常にキリッとドライに感じ、口の中で酒が温まり味わいの変化を楽しむ事ができます。

お酒によっては酒の香りや味わいが消えてしまい平坦な味わいに感じることがあります。
相性の良いお酒
生貯蔵酒、樽酒、吟醸酒、原酒
花冷え(はなびえ)
温度
10℃前後
特徴
華やかでフルーティーなタイプの酒は、香り良く感じられ一番甘く華やかに感じます。

フレッシュで爽快な生酒は香りも新鮮で味わいもシャープに感じます。

純米酒などに多い米を感じるふくよかな香りとコクのある味わいのあるものは、すっきりとしてサラリとした印象の味わいになります。
相性の良いお酒
吟醸酒、純米酒、本醸造酒
涼冷え(すずびえ)
温度
15℃前後
特徴
純米大吟醸等の華やかでコクのあるお酒は、香り良く感じられ一番甘く華やかに感じます。
相性の良いお酒
吟醸酒、純米酒、本醸造酒
常温/冷や(じょうおん/ひや)
温度
20℃前後
特徴
本醸造酒や純米酒等、甘味、酸味、苦味が調和しお米由来の旨みを感じます。
相性の良いお酒
吟醸酒、純米酒、本醸造酒
日向燗(ひなたかん)
温度
30℃前後
特徴
口に含んでも温度の高さを感じないくらいですが、ほんのり香りが引き立つ
相性の良いお酒
吟醸酒、純米酒、本醸造酒
人肌燗(ひとはだかん)
温度
35℃前後
特徴
飲むときにぬるく感じます。
米本来の旨味を感じやすく、味にふくらみがある米や麹の良い香りがする。
お燗をつけると甘みがまします。 その甘みですが35度程度の時に最高になることが分かってます

出典:人肌燗のすすめ / 日本酒net

相性の良いお酒
吟醸酒、純米酒、本醸造酒
ぬる燗(ぬるかん)
温度
40℃前後
特徴
ふくらみ感が生まれ、香りがよく出る
日本酒に含まれる、うまみ成分のアミノ酸。これが多く出るのがぬる燗と言われていて、一番うまみを感じる温度だということは科学的にも証明されています。

出典:日本酒はどの温度が一番おいしいの?六本木「ぬる燗佐藤」に学ぶ温度別日本酒×料理のペアリング | Rettyグルメニュース

相性の良いお酒
吟醸酒、純米酒、本醸造酒
上燗(じょうかん)
温度
45℃前後
特徴
注いだ時に湯気が出る。
引き締まった香りを感じる
味わいはやわらかさと引き締まりが感じられる
相性の良いお酒
純米酒
熱燗(あつかん)
温度
50℃前後
特徴
キレの良い辛口で香りがシャープになる
相性の良いお酒
本醸造酒、普通酒
飛び切り燗(とびきりかん)
温度
55℃前後
特徴
お味噌汁の適温は一般的な適温は65度。猫舌の方は55度。熱いのがお好みの方は75度。
口に含むと熱さを感じます。
シャープな香りで、より辛口になります

酸味がぐっと前にくる、「生もと」や「山廃」仕込みの日本酒にも
相性の良いお酒
純米酒、本醸造酒、普通酒
燗に向くお酒は、しっかりした旨味や乳酸を持っている純米酒や山廃造りのお酒、旨みのある本醸造などと言われていますが、 自宅で飲むのだからどんなお酒でも試しに燗をして飲んでみたいと思います。

以前、TANICAのヨーグルティアを酒燗器替わりに使用しましたが、 記事にも記載したように(出力が上がって、設定温度が高くなった、ヨーグルティアSなら大丈夫かもしれません。あくまでも65度までしか設定できないTANICA、ヨーグルティアでの使用感です)、 ヨーグルティアの出力が低い事と、基本的に、冷蔵庫で日本酒を保管している事もあり、一本目のお燗には良いのですが、二本目以降は、湯温がさがってしまい、再度ポットの湯を容器に 入れなおして使ってました。

それなら、湯燗とっくりっで良いんじゃないかと思い購入することにしました。 湯燗とっくりとは
外徳利にお湯を半分ほど入れ、お酒を入れた内徳利を入れるだけ。 お湯による保温効果もありますので、お酒が冷えにくく飲み頃温度で燗酒を最後まで味わえます
で、熱湯をいれて簡単に湯煎ができる、酒器になります。


加熱する事は、できない為、別途、熱湯を準備する必要がありますが、 ヨーグルティアも結局、出力が低く温度を維持できず、容器の湯を入れ替える必要があったので、問題ありません。

大体、ポットにお湯が入っているので、お湯が冷めればすぐに入れ替えればいいだけです。
しかも使用するお湯は少なくてすみます(少ない分冷めやすいですが)。

しかも、お湯の代わりに氷水をいれると、冷酒にも対応できます。


もちろん、一番良さげなのは、加熱機能もついた なのですが、お値段も高いです。

その点、湯燗とっくりは2千円程度で手にはいります。

そんなわけで、色々、湯燗とっくりを物色していたのですが、酒屋さんで売っていたので、 いずみ橋のとんぼ湯燗とっくり(1合)を購入しました。


取っ手も付いていて持ち運びやすく、結構便利に使えています。
いまから、暑くなっていくので、冬の寒い時期にどの程度、燗できるか分かりませんが、 しばらく使ってみようと思っています(暑い事もあり、最近は氷水をいれて冷酒用に使ってますが)。