グランドキリン JPL(ジャパン・ペール・ラガー)とIPA(インディア・ペール・エール)の飲み比べ|キリンビール

グランドキリン JPL(ジャパン・ペール・ラガー)とIPA(インディア・ペール・エール)
名称
グランドキリン ジャパン・ペール・ラガー(GRAND KIRIN JPL)
メーカー/販売元
キリン
産地
日本
スタイル
IPL(インデイア・ペール・ラガー )
アルコール度数
6%
特徴
国内で栽培した大麦を自社で丁寧に製麦した「国産麦芽」を使用することで、豊かな味わいと余韻を楽しめます。ホップの個性を最大限に引き出す「ディップホップ」製法において、従来の「ヘルスブルッカーホップ」と希少な「ネルソンソーヴィンホップ」に加え、ひと手間かけた国産ホップ「IBUKI」(いぶき)を一部使用することで、フローラルな香りを引き出した、日本の感性が注ぎ込まれたJPL(ジャパン・ペールラガー)です。
名称
グランドキリン インディア・ペール・エール(GRAND KIRIN IPA)
メーカー/販売元
キリン
産地
日本
スタイル
IPA(インデイア・ペール・エール )
アルコール度数
5.5%
特徴
ひと手間かけた希少ホップを漬け込むことで柑橘の爽やかさと甘いフルーツの香り、上質な苦みを引き出したIPA(インディア・ペールエール)です。醸造家の遊び心が感じられる切り絵風のロゴと、ホップの香り際立つビアスタイルIPAを表現したデザインです。
感想
GRAND KIRINのJPL
注ぐと、ラガーらしい香りがただよいます。
エビスの薫り華やぐヱビスにも通じる、白ブドウのようなフレーバを感じます。
余韻は、スッキリでその後、苦味がきます。


注ぐと、IPAらしく、柑橘系の香りが漂います。
飲んでみると、穏やかなipaと言った感じです。
ほのかな柑橘系のフレーバ―と苦みを感じます。(200円前半の価格体で頑張っているとは思いますが、個人的にはあと数十円たして、インドの青鬼やオラホのエクストラペールエールを購入した方が満足度が高い気がします)

苦味は同じくらいなのかもしれませんが、後味がスッキリしている分、JPLの方が強く感じる気がします。

のりべーす

インスタグラム

Instagram ビール用
Instagram 日本酒用



個人情報保護方針お問い合わせ