ソト(SOTO)|新富士バーナーのフィールドチャッカーで炙り料理

ソト(SOTO)|新富士バーナーのフィールドチャッカーで炙り料理
焼き色とは、つまるところメイラード反応の結果です。メイラード反応とは、なんて詳しく説明できる 技量も知識もないのですが、簡単には糖とアミノ酸の反応で、その結果数々の副産物を生成します。この副産物の中に、パンや肉を焼いたときにできる焼き目、また香ばしい匂いなどをもたらす物質が含まれています。

出典:肉の焼き目と肉汁について – 栄養学のメモと活用


のようで焼き目をつけるのはあくまでも、香ばしさ等のおいしさを付加する為にあるようです。

肉や刺身を炙って簡単に焦げ目がつけれるように、

ソト(SOTO)|新富士バーナーのフィールドチャッカー(ST-450 )を購入しました。
(イワタニなど他のメーカーも出していますが、近所のホームセンターで売っていたので試しに 購入しました。)

カセットコンロで使用するガスボンベを利用したガスバーナーですが
●カセットガス式でありながら点火直後に逆さ使用しても生火が出ない。
●カセットガス式トーチの常識を変える「瞬間気化方式」を採用。
●点火直後で炎が安定し、女性でも使いやすく安全。
●空気調整機能付で1300℃の強力集中炎から900℃のソフトな炎まで用途に応じて調整可能。
●あぶり料理にも炭の火起しにも最適。
取扱いは至って簡単で、点火スイッチ、火力調節用のダイヤルと空気調整レバーがあるだけです。
初めて使う時は、1300度と言う事もあって少しビビってましたが、
あっさり点火し、説明通り炎も安定しているので、 普通のチャッカマンレベルの使いやすさでした。

もちろん、高温なので気を付ける必要はありますが、

最近は、普通の刺身は勿論、皮つきの鯛や金目鯛を炙ったり、
ソト(SOTO)のフィールドチャッカー(ST450)で炙り料理
初亀と刺身の炙り
真空低温調理で造った焼き豚やローストビーフの仕上げの焦げ目着けに 使っています。

のりべーす

インスタグラム

Instagram ビール用
Instagram 日本酒用



個人情報保護方針お問い合わせ