Microsoft Windowsの新年号(令和)対応に関して、レジストリーを手動で変更して確認してみました

2019年5月1日の新年号まであと2週間と迫ってきました。


基本的には独自対応を行っていない限り、Microsoft側で対応してくれるはずなのですが 5月1日に間に合うのか、気になって少し調べてみました。

取り敢えず、 現行のExcelに2019/5/1と入れ書式(gaaa年m月d日)を設定したたころ残念ながら 平成31年5月1日と表示されまだ、新年号対応は完了していないようでした。

少し調べてみますと、マイクロソフトのサイトに
日本の元号の変更について – KB4469068 – Microsoft Support ページがあり新年号のテスト方法が記載しておりました。

レジストリーエディター(regedt)を起動し、
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras] まで移動し
新規→文字列値を作成し、

値の名前に2019 05 01
値に令和_令_Reiwa_R
を設定し、
レジストリー年号対応

Excelを再起動後同様に、2019/5/1と入れ書式(gaaa年m月d日)を設定したたころ令和1年5月1日と表示され、
WINDOWSの新年号対応に関して、Excelで確認してみました
細かなテストはしていないので全て問題ないかは分かりませんが、基本的には対応しているようでした。

日本の元号の変更について – KB4469068 – Microsoft Supportに記載されているWindows 用更新プログラムの最新版はテストした環境には入っていなかったのですが、 通常のWindows Updateを行っていれば基本的な年号対応はしており(Microsft側でギリギリまで検証し)最終的にwindowsアップデートで上記のレジストリ―を更新する予定にしているように思われます。
別環境のWindows Updateを当てていない環境でテストしたところ、レジストリ―を更新してもExcel上の表示が変わりませんでした。



参考までに