ツイッターの仕様変更により、ツイート数の非表示に対してできる簡単な対策

「今後はツイートボタンにツイート数を表示しなくなります。変更は2015年11月20日までに完了する予定です」ということで、Twitterのツイートボタンからツイート数の表示が消えてしまう日が正式に決定しました。
Twitterによると今回の変更決定は「開発上のトレードオフ」が原因であり、信頼のおけるプラットフォームを作るために「APIを廃止することによって生じる問題を抑える」目的で「永続的なデザイン」として、ツイート数が表示されないボタンをデフォルトとし、さらにツイート数を取得するAPIが消えることとなったと説明しています。
2015年11月20日より、かねてよりアナウンスがあったようにツイートボタンのツイート数が表示されなくなりました。 ツイート数が表示されていた時は、回数部分をクリックすると、ツイートの一覧が表示されていましたが、 今回、ツイート数の表示文が非表示となった為、一覧へのリンクもなくなってしまいました。
Impress Watchでは、記事に対するTwitter上のコメントを閲覧できる「リスト」と称したボタンに切り換えており、これまで通り記事に関するコメントを読むことができる。

引用:Twitter、ツイートボタン刷新/カウンター廃止は米国時間の11月20日に実施 

一覧へのリンクは、Impress Watch のサイトがやっているように、 一覧へのリンクボタンを別途実装するのが、今できる、一番簡単な対処法の様に思います。
Impress Watchのツイートリストボタン
多少のデザイン調整は必要ですが、 実装方法は、いたってシンプルで、作成したボタンのクリックイベントで下記コードを実行するだけです。

window.open('https://twitter.com/search?q='+実際に検索を掛けたいURL);

このサイトに関しては、もともとほとんど、ツイートされていないので、それほど影響も無いのですが、然程、手間でもないので、実装してみました。
数値を表示しているサイトでは、Impress Watchのように記事に関するコメントを読むことができるボタンを実装する事が、簡単に対応できる対案のように思います。


また、試していませんがTwitterのツイート数を表示するサービス「count.jsoon」導入方法(簡単) – Life with ITでTwitter公式ではないもののディジティ・ミニミ社が今までのようにツイート数を表示してくれる「count.jsoon」というサービスを提供しているようです。

のりべーす

インスタグラム

Instagram ビール用
Instagram 日本酒用



個人情報保護方針お問い合わせ