自作で空冷式(直出し式)ビールサーバー 簡易バージョン

空冷式のビールサーバーと言うよりは、 要は、野球場などで、生ビールの売り子さんが背負っているような直出し式生ビールサーバーを自作して 冷蔵庫に入れて使います。
樽自体を冷やす事が出来れば良いので、クーラーボックス(ソフトタイプが便利です)やバケツ等に樽と氷をいれて樽自体を冷やすことができれば、 一応、バーベキューの時等に外で使うことも可能です。
クーラーボックスの使用例は、自宅で簡易ビールサーバー 試行錯誤期の記事をご覧ください。

また、アウトドア用に性能を上げようと思えば、 別の方の「ひまなのでいろいろしてみる」ブログで紹介されれていた 自作生ビールサーバーを改良しました、空冷かつ瞬冷機能搭載です/いい感じになったよのような改良も可能です。

銅なまし管を4m購入して銅管部分をコイル式のようにして、氷水のワインクーラーやバケツの中に入れれば、簡易の瞬冷機能も 追加可能です。(この場合は、ヘッド-ビールホース(またはシリコンチューブで代替)-銅管-ビールホース(またはシリコンチューブで代替)-ドラフトコック[ピクニックフォー]のようにセットします)

自作と記載しましたが、実際は何も加工していません。部品をオークションや通販ショップ、ホームセンター等で 購入してきて、接続しただけです。しいてあげれば、ビールホース(シリコンチューブで代用)を切ったぐらいです。

ビールヘッドとピクニックフォーセットの接続 ビールの注ぎ口をドラフトコックではなく、ピクニックフォーセットにする事で、コストを下げています。
オークション等利用してうまく購入すれば、ミニガスも含め、1万円以下で済むと思います。
※実際には、ホースクランプでホースとピクニックフォー部分を外れないように止める必要があります。

家で生樽で飲む場合、下記部品を入手する必要があります。

ディスペンサーヘッド

ビール樽に接続する部分になります。タグの接続部分は、日本では2種類あり、キリンのみ形がことなっています。
ディスペンサーヘッド
画像は左がキリン用、右がアサヒ用のディスペンサーヘッドになります。
その為、 キリン用とアサヒ、サッポロ、サントリのいずれかのディスペンサーヘッドを入手すれば日本のビールはほぼすべて飲めると思います。(※アサヒが取り扱っているヒューガルデン ホワイトは異なるヘッドを使っているようです。またハンドポンプをつかうリアルエール系の樽もヘッドがことなります)
主な入手先:
ヤフオク(Yahooオークション)、 ビールサーバー.com

ビールホース

ディスペンサーヘッドとドラフトコックをつなぐホースになります。ビールホースに関してはビールホースの長さの記事を参照ください。
主な入手先:
ヤフオク(Yahooオークション)、 ビールサーバー.comで購入

写真は、外形10mmのシリコンチューブを使用しています。 
シリコンチューブの主な入手先:ホームセンター、楽天サイト
ピクニックフォーセット
簡易のビールの注ぎ口

主な入手先:yahooオークション、アドバンストブルーイング

炭酸ガスボンベ

ビールを樽から押し出す為に使います。運用コストを考えるとミドホンになるのですが、樽と一緒に冷蔵庫に入り取扱いの良さからミニガスをお勧めします。目安は74gで10Lの樽となっていますが、樽自体を冷やす空冷式の場合は、圧が低めで大丈夫なので、正確に把握していませんが、1本のミニガスでもっと使えています。(もちろんミドホンでも可能ですがミドホンの場合はおそらく冷蔵庫の外に置くことになる為、冷蔵庫にガス管を通す穴をあける必要がでてきます)

実際の接続例は、自作で空冷式(直出し式)ビールサーバー ドラフトコックバージョンをご覧ください。
ミニガスを入れているカゴは100円ショップ(ダイソー)で購入しました。(専用品として、ミニガスアダプターフック(2,900円) がビールサーバー.comで販売されています)
主な入手先:
酒屋さんで取り寄せてもらう、ヤフオク(Yahooオークション)、 ビールサーバー.com 、 楽天ショップ、Amazon

減圧弁

ガスボンベに接続し、炭酸ガスの圧力を調整します
主な入手先:
ヤフオク(Yahooオークション) 、ビールサーバー.com
価格的に問題無ければ、 ビールサーバー.comでビール専用の減圧弁がお勧めですが、新品をなるべく安く購入したい場合、下記商品がお勧めです。
熱帯魚用なので、別途変換継手(数百円で入手可能)が必要ですが、ミニガスにもミドホンにも対応しています。

自分は、別途、所有しているアサヒスーパードライミニ樽ホームサーバーのミニガス用の減圧弁に変換継手を付けて使用しています。

2WAYレギュレーター(小型兼大型ボンベ用) 関東当日便

価格:8,824円
(2015/1/26 11:05時点)
感想(7件)

ガスホース

減圧弁とビール樽をつなぐホースです。入手先:Yahooオークション主な入手先:楽天ショップ、ビールサーバー.com
耐圧チューブで代替可能(ビール用の減圧弁のガス管の外形は8mmになります)
耐圧チューブの入手先:ホームセンター、楽天ショップなどの通販ショップ、
ホースクランプ
ビールホースとピクニックフォーが外れないように止めます。 入手先:ホームセンター、楽天ショップなどの通販ショップ

変換継手

熱帯魚用の減圧弁を購入した場合は、ビールサーバ用のガスホースの外形は8mmで熱帯魚用と異なる為、変換します。
入手先:ホームセンター、楽天ショップなどの通販ショップ 6mmの耐圧チューブを使いたい場合、

PISCO PGJ8-6(PGJ86)

価格:207円
(2015/1/26 21:40時点)
感想(0件)

8mmのビール用ガスホースを使いたい場合

インサートリング

ビール専用ホースを使わずシリコンチューブを使う場合、無くても一応大丈夫ですが、シリコンチューブはビールホースに比べ柔らかい為、使用すると変形しにくくなり継手との接続部分から漏れにくなると思います。

入手先:ホームセンター、楽天ショップなどの通販ショップ
インサートリングはチューブの寸法変化を内面から防ぐために使います。

PISCO WR1075(10個/袋)

価格:276円
(2015/3/12 12:10時点)

注ぎ口をピクニックフォーから本格的なドラフトコックに変更したい場合は、自作で空冷式(直出し式)ビールサーバー ドラフトコックバージョンの記事へ

冷蔵庫で冷やす必要はありますが、コストコや通販で入手可能なビールサーバーが不要の5L樽もありますのでご参考に

のりべーす

インスタグラム

Instagram ビール用
Instagram 日本酒用



個人情報保護方針お問い合わせ